Uゾーンにおすすめのニキビ対策とは?

Uゾーンニキビのケア

お顔の中でもとくに皮脂の分泌が盛んに行われるTゾーンに対して、頬から顎に掛けてのラインは「Uゾーン」と呼ばれ、乾燥しやすい場所として知られています。

思春期やオイリー肌の方に発生しやすいのはTゾーンニキビでしょうがこれに対してUゾーンに出来るニキビは大人ニキビ(吹き出物)に多いのではないでしょうか?

乾燥しやすいにもか関わらず発生してしまうこの場所のニキビは、自身の肌タイプを把握した上で正しいスキンケア商品をチョイスする事も重要になってきます。そもそも、なぜ乾燥しているにも関わらずニキビが発生してしまうのでしょうか?

乾燥している状態のお肌は、ニキビのもととなる皮脂の分泌が少ない状態です。皮脂はニキビの原因となるものですが、実はもともとは私たちのお肌を守るバリアとして活躍する必要なもなのです。

皮脂が正常に働いている健康な素肌では、皮脂は外側からの刺激から素肌を守り、また内側からの水分の蒸発を防ぐといった役割を担っています。皮脂の分泌が少ない乾燥したお肌では、この皮脂によるバリア機能が正常に働いてくれていないという訳ですね。

すると、どのような事が起こるのか。お肌の表面、角質層に蓄えられた水分が無防備に蒸発し水分を失った角質は硬く変化してしまうのです。角質が硬くなる事で、毛穴も弱り、次第に細く・詰まりやすくなってしまいます。

たしかに皮脂の分泌は少ないですが、毛穴は詰まり易い状況にあるため結果ニキビの出来やすい環境になってしまうという仕組みなのです。つまり、乾燥がちなゾーンに出来るニキビ対策として重要なのは保湿であると言えるでしょう。洗顔を終えた素肌には、化粧水を惜しみなくたっぷりと使い保湿を行って下さい。

また、Uゾーンにできたニキビはニキビ跡として残りやすいと言われています。日々のスキンケアでニキビを予防し、もしもニキビが出来てしまった場合は進行が進む前に解決させてしまう事も重要だと言えるでしょう。