ニキビに良い泉質はどれ?

ニキビにオススメの温泉をタイプ別に紹介!

ドラッグストアなどで様々な種類の入浴剤が販売されています。その中にはニキビに効能があるとされているものもありますよね。実際に美人の湯と呼ばれている温泉も存在しますが、どのような温泉がニキビに効果があるのか紹介したいと思います。

温泉を選ぶ際には泉質に注目しましょう。子宝の湯、美人の湯、腰痛に効く湯など、様々な温泉がありますが、これらはどのような効能があるのかおおまかに表現したものです。

ニキビに効く温泉とはどのようなものなのかというと、ニキビによって違ってきます。角質の悩み、皮脂の悩み、赤ニキビの悩みなどによって、選ぶポイントがそれぞれあるということです。

では、4つのニキビ別にオススメの泉質を挙げていきたいと思います。

1.毛穴をふさぐ角質をケアしたい!
ニキビ予防に角質のケアは不可欠です。中でも酸性泉は強い酸性の温泉なので、殺菌効果があり、古い角質を落とす効果が期待できます。「天然のピーリング剤」の役割があります。

ということは、色素沈着によるニキビ跡のケアにも効果がありそうです。ただし、強い酸性なので敏感肌の方は注意が必要です。入浴後は真水で成分を洗い流しましょう。

2.黄ニキビを改善!
刺激的な臭いがある硫黄泉という温泉が効果的です。解毒作用と皮脂を乾燥させる作用があります。注意点としては、刺激の強いお湯なので、注意書きをよく読んでから入るようにしてください。

3.赤ニキビをケアしたい!
赤ニキビには炭酸水素塩泉がオススメです。皮膚の炎症を抑える働きがあり、美人の湯と言われている泉質です。肌を柔らかく、なめらかにする効能があります。アトピー性皮膚炎の方にもオススメです。

4.毛穴詰まらせる皮脂を抑えたい!
脂性肌の方で皮脂の悩みがあるなら、硫酸温泉がオススメです。肌の皮脂をとってくれますし、しわやたるみなどにも効果があります。ただし、乾燥しやすくなる為、湯上りには保湿を行うようにしましょう。