自分のニキビ跡はどのタイプ?

5種類のニキビ跡の症状と特徴

ニキビが治ったと思っても、今度はニキビ跡に悩まされる人が多いです。ニキビ跡は人によって様々な症状があり、いくつかの種類に分けることができます。

1.クレーター
アクネ菌が周辺組織を壊しながら増え続けることで、重い炎症のニキビとなります。炎症させないように白血球が皮膚細胞を破壊して食い止めようとするのですが、これが真皮で起こると肌の再生が難しい状態になります。すると、強いダメージを受けた部分がクレーターになってしまうのです。

2.ヘモグロビン(赤み)
皮脂の分泌が亢進すると皮脂が溜まってしまい、細菌感染が伴うとリパーゼが作用します。すると、毛包壁を壊してしまい、アクネ菌が血管を広げ、炎症を起こす細胞を招くことになります。そしてニキビの炎症が起こり、赤いニキビ跡が残るのです。

なぜ赤くなるのかというと、炎症が起こった部分には、傷を治そうとして毛細血管が作られていきます。 毛細血管が集まるとヘモグロビンという血液の色素が強くなるので、それが透けて見えてニキビ跡になるわけです。このニキビ跡は、時間が経つと改善されるケースがほとんどです。

3.しこり
同じ部分で重い炎症と化膿を繰り返していると、真皮にダメージを与えて肌のターンオーバー機能を乱してしまい、コラーゲン線維が過剰生成されます。それが固まるとしこりとなって残ります。 顎のラインにできやすいという特徴があります。

4.メラニン(茶色の色素沈着)
メラニンが原因となって、ニキビ跡が茶色っぽいシミやくすみとして残ることがあります。表皮の基底層にあるメラサイトが活発化すると、メラニンが大量生成されます。重度の炎症の場合は真皮層にメラニンが落ちてしまうので、消えにくくなります。

5.ケロイド
体質によりますが、ニキビが時に赤く盛り上がってしまい、やけど跡のように光沢のあるケロイド状になることがあります。深部にまでダメージが届いてしまうと、肌のターンオーバー機能が乱れ、細胞が過剰生成されます。すると、赤みや膨らみのあるケロイドになるのです。