背中ニキビケアの基本!!

背中のニキビ・ニキビ跡消すケア

ニキビケアと聞けば、何となくお顔のニキビをイメージするのではないでしょうか?しかし、もちろん私たちのお肌あお顔だけではありませんよね。毛穴があれば、どこにでもニキビが発生してしまう可能性はあるのです。

普段は衣服の隠れているため一目に晒される事はありませんが、薄着のシーズンになればそうしても気になってしまうニキビがあります。背中のニキビに悩んだ事はありませんか?
スキンケア化粧品で、ニキビ跡を消す

背中のニキビは、普段衣服に隠れている上に自分で確認する事が難しく、ようやく自覚した頃には悪化が進み赤くふくれあがっていたりします。

背中でもお顔でも、ニキビはニキビですので、出来るだけ早めに発見・治療をしたいものなのですが、なかなかそうもいきませんね。背中ニキビをケアする為には、“そもそもニキビを作らせない環境作り”が必要なのです。
MAQuillAGE

では、背中ニキビの原因は一体なんなのでしょうか?まず考えられるのはお肌の乾燥です。お肌は乾燥を起こす事で皮脂によるバリア機能を失い、角質の水分が奪われてしまいます。水分を失った角質は毛穴を弱らせ、細く・詰まり易い毛穴へと変えてしまうのです。

ニキビとは毛穴に詰まった皮脂や汚れが炎症をおこした状態を指すものですので、詰まり易い毛穴になっているという事はニキビの出来やすい環境となっているという事ですね。

つまり、背中ニキビケアの基本は保湿だと言っても良いでしょう。最近では背中ケア用の化粧品も登場していますので、背中の乾燥を防ぎ背中ニキビを食い止めましょう。

また、髪の毛を洗った際のシャンプーやリンス・トリートメントが背中に残る事でニキビを引き起こしているケースも珍しくありません。お風呂上がりには流し忘れのないよう、しっかりとすすぐように心がけて下さい。

また、お風呂上がりに髪の毛を乾かす際に、濡れた髪が背中のお肌を刺激してニキビのきっかけを作る事もあるようです。日々のケアで、ニキビの出来ない背中をキープさせて下さい。